借金を逃れる方法はある?

借金を逃れる方法は一つだけあります。それは時効をを適応することです。
最後に借金の返済をしてから10年間返済しなかった場合時効を適応する事ができます。ただこの時に気を付けるのは自動的に時効が成立するわけではないという点です。
債権者に時効を適応してもう返済しないという宣言をして初めて債務をすべて帳消しにできます。
しかし実際に時効を適応させるのは難しいでしょう。
と言うのも債権者は時効を適応させないために定期的に催促をするからです。催促があった場合は時効が延長されます。
10年に一度程度催促をし、その証拠を残しておけばいいので債務者に取って時効の延長はさほどの手間ではありません。そうやすやす時効を成立させる債権者などいないでしょう。
個人同士の借金の場は時効が成立する場合もありますが業者相手の場合は不可能だと思ってください。
あと債務者である自分が死ぬことによって逃れることもできます。
家族が財産放棄をした場合は家族が返済を求められることもありません。しかし死ぬまで債権者から逃亡する生活をしなければいけませんので心が休まらないでしょう。
時効を適応させることを考えるなら他の方法を使って合法的に借金を免除してもらう方が心が楽になります。